お風呂の時間は1日の疲れを取るタイムと考える人がほとんどのことと思います…

バスに入っている時間は癒やしの時間と思ってる人が多いですが、シャワーを浴びるのではなく湯船に存分に温められると本当にたくさんの健康効果が得られます。お風呂の湯に体をつけることで自己を再生する機能がアップして傷の治癒や筋肉の損傷をスムーズに治すようになります。他にも、ヒートショックプロテインと言って筋肉のこりや溜まった老廃物などを減少させるという効果まであり、少なくともお湯に5分以上つかることはとても重要なことなのです。

夏バテしないためには、日ごとの食生活(食事内容)がとっても大切なものになります。中でも死を招く恐れもある熱中症などを未然に防ぐためにも、多くの水分の摂取などがとても必須です。ただし、塩分、それからミネラルといった成分が含まれていない飲み物だと身体の塩分濃度を下げてしまうことになるので、熱中症の対策のために飲用するものとしてはスポーツドリンク、それに麦茶が適しているんです。飲料はたくさんあるわけですが、そういった飲み物の中には利尿作用を持っている飲料もあり、美容の面から言うとむくみ(余分な水分)を取るとかの措置としてはおすすめなんです。ですが夏の時期では飲みすぎて脱水症状に陥らないように用心しなければなりません。

夏になると他の季節と比較するととっても紫外線量が増える時期です。お肌には、日の光にあたらないように対処をしている方も多いと思います。だけどこの季節の髪の毛への対処に関してはどうでしょう。髪も太陽の光を受けて紫外線にさらされます。紫外線による打撃はお肌のみにとどまらず髪であっても被害は同じです。そのうえ、プールに行かれる人の場合は、水に含まれる塩素により髪の毛には強いダメージがかかります。ダメージによって痛んだ髪は元に戻すにはそれなりに時間を必要とします。どこを見ても枝毛だらけ、ブラシを使うと切れる、そして、毛先の方はクシが通らないなどのようにあまりにもひどいダメージだった場合、いろいろヘアケアに走るよりいっそのこと毛先を5~6センチカットするのも方法です。そのままよりもよっぽど美しい髪の毛を保てます。塩素は濡れないようにする、というようなことぐらいしか回避する対策はありません。でも、紫外線について言うと肌と同じように日焼け止めを使うことでダメージを防ぐことができます。

皮脂が多すぎるのなら夜の他に毎朝、顔を洗う時も洗顔フォームは使うようにすべきです。ある考え方では水だけで洗顔フォームは使わない方が良いなどの考え方もありますが、睡眠中にも皮脂が分泌され、やはり洗顔料なしには過剰な皮脂をなくすことは簡単ではありません。ですから皮脂が残った状態をそのままにしてメイクしてしまうと、皮脂が酸化したものとしたメイクが混じり合ってしまってニキビなどを起こしてしまいます。ずっと朝もまず手間を省かず洗顔料で顔を洗うようにしましょう。美顔を得るために朝も続けるのがいいと思いますね。

ハーブというのは、東洋の医学に置き換えると一つの漢方なのです。その生薬を飲みやすいお茶にしたのがハーブティーです。ハーブティーというのは美容に良い影響をもたらしてくれるものも多くあるので、常日頃、取り入れている方たちなんかもたくさんいます。ハーブティーといっても実は多くのハーブティーがありますので、用途ごとに、様々な種類の「ハーブティー」を味わってみるといいでしょう。「ハーブティー」に「カモミールティー」存在します。これはリラックス効果があり、よく眠れる、などの効き目があるんです。ですから寝付けない、といった日にぜひ、利用してみてください。ただし、ハーブティーといってもあくまでも美味しく飲用できるお薬と同じです。カモミールティーについては、妊婦さんが摂取するのは禁忌です。他のハーブに関しても飲用を控えたほうが良い人、または時期などがありますので摂取する前にしっかりと調べたうえで飲用することをお勧めします。

世の中では顔を美しくなるやり方には身体の中から行う美容法もあります。どういうのがあるか例をあげるとご存知だと思う栄養分のビタミンの中でCが存在します。ビタミンCが配合された化粧水や美容液が人気を集めていますが、ビタミンCというのはコラーゲンを生成する原料になります。ですから外から肌に補うのも効果的ですが、ドリンクやサプリ等を使って体の中からも補ってあげると、肌荒れ改善やうるおいを補給するなどのバラエティな効果が期待できます。毎日の食べ物だけから摂取するのはあまり期待できないのでビタミンCを摂るのならサプリメントを積極的に利用すると良いでしょう。

紫外線も多い時期には日焼け止めや虫よけなど、お肌に塗るものがいろいろありますが実は死んでも肌につけるべきではないというものがあるって知ってますか?実は、その塗ってはいけないのはレモンに代表される果物類です。本当なのです。そのわけはフルーツの中でも柑橘系の成分は肌に付いたまま日差しを浴びると、植物性光線皮膚炎と呼ばれる火傷に似た症状がでてしまいます。ですから太陽光が強い夏に一見良さそうに見えるから柑橘系の果物をお肌に塗るなんていかにもリフレッシュできそうですが、見た目に騙されずよしましょう。実は肌荒れの原因になるので注意が必要です。

自分の髪の毛は乾かし方によって髪の毛にかかる負担を調整できます。毛にドライバーの熱を当てて乾かすのが多いと考えられますが温風のみを当てるのでは無く、温風と冷風を交互に使うと頭髪が熱によって傷んでしまうのを防ぐことが可能です。さらにドライヤーは頭髪から10㎝以上離して使うとより広い範囲に風が広がるので早く乾かすことができます。最初に前髪を乾かし、頭頂部⇒左右の耳周り⇒後ろ髪という風に乾かしていくととっても良いです。まずは前髪を乾燥させる事で髪の毛に嫌なクセを付きにくくできます。

結婚をするまでもダイエットはいくらがんばっても、何故かリバウンドで体重が増えて自分をだらしないと自己嫌悪になっているあなたに、なんと横になったままでできるダイエットというのを伝えます。奇跡のダイエットは一番に片方の足を浮かせて、足の親指と人差し指をすりつける。そうしたらこの動作を数十回。こういう運動をして疲労が出てきたらその次にもう一つの足に変えて同じことをします。この動きを左右交互に10分行ってみると少し汗ばむほどのずいぶんな運動の質になります。体全体の新陳代謝が向上し、腹の下の方の引き締めにも効果的です。

疲れた顔色の機会に作用がある四白(しはく)と呼ばれる名のツボが、黒目の部分から指一本あたりくらい下部に見られます。ツボのある位置は各人異なりますから何か感覚をおぼえたらそこがツボということです。おおまかでよろしいです。指の腹を利用して三秒から五秒そこそこじっくりとした感じで押し下げます。押し下げてはじわっと手を離す。何度でも繰り返します。顔がぽかっとなり、表面の生まれ変わり誘い出すので美白についても実効性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。