お風呂の時間は癒やしの時間の一つという人が多いものですが・・

入浴時間は1日の疲れを取る時と思ってる人が多いですが、シャワーではなく湯船のお湯に存分に温まると多くの効果が享受できます。第一にお風呂につかると自己再生機能が促進されて傷の修復や筋肉の弱ったところをより短期間で治すことが可能になります。加えてヒートショックプロテインと呼ばれる効果があって筋肉のこりあるいはこれまでに溜まった老廃物などを減らすといった効果も得られ、少なくとも5分は湯につかるということはとても重要なことなのです。

夏バテをしてしまわないために、日々の食事(食事内容)ということがたいへん重要なものになってきますが、その中でもとりわけ死を招く恐れもある熱中症などを未然に防ぐため、たくさんの水分補給などがものすごく重要です。ただし、塩分とかミネラル成分が入っていないような飲み物になると体内の塩分濃度を下げてしまうので、熱中症の予防として飲用するのであれば麦茶やスポーツドリンクなどのものがお勧めなんです。飲み物というのはいろいろありますよね。そういった飲み物の中には利尿作用があるものがありますから、美容の面で言えばむくみ(余分な水分)を取るなどの対策としては効果を発揮します。しかし、夏は摂取しすぎて脱水しないように気を付けてください。

夏は他の季節に比較すると一番紫外線量が増える季節です。お肌に関しては、日にあたらないように対処をしていらっしゃる方も多いと思います。ところで、この季節の頭の毛に対しての対策についてはいかがでしょうか。髪の毛も太陽光を浴びて紫外線にやられます。紫外線によるダメージは肌もそうですが、髪であっても同じなのです。それに加えて、プールに行く人の場合、水に含まれる塩素によって髪の毛は大きなダメージを受けてしまうのです。ボロボロになった髪の毛というのは元に戻すためには時間を必要とします。毛先が枝毛になっている、ブラシを使うと毛先が切れる、また、毛先の方は指すら引っかかるなどのようにとてつもなく傷んでしまったときは、いろいろとヘアケアをすることよりも一思いに傷んでいる部分だけをカットするのも方法です。その状態のままよりもずっと健康な髪を保っていられます。塩素には濡らさない、というような方法ぐらいしか回避する方法はありませんが、紫外線だったらお肌と同じように日焼け止めアイテムを使用すればダメージを防ぐことはできます。

あなたがきれいな顔をほしいのなら夜は言うまでもなく毎朝、顔を洗う時も洗顔フォームは使うようにしましょう。ネットなどでは水だけで洗顔料は使わない方が良いという人もいますが、皮脂は睡眠中にも分泌されているので、やはり洗顔フォームを使わないと余分な皮脂を取り除くことは不可能です。ですから不必要な皮脂を残したまま化粧すると、皮脂が酸化したものとあなたのする化粧が混じり合って肌に悪影響を及ぼしてしまいます。良い習慣として毎朝、起床後面倒がらずに必ず洗顔フォームで洗顔しましょう。美しい顔を得るためにすたらどうですか?

ハーブは、東洋の医学では漢方なのです。漢方薬であるのを飲みやすいティーにしたのが「ハーブティー」となります。ハーブティーは美容効果ものもいっぱいあり、日常的に使っている女性がよくいます。ハーブティーといっても実に多くの種類がありますから、身体の悩みから選んで、様々な「ハーブティー」を摂ってみるのもいいでしょう。例えばハーブティーと言われる中にカモミールティーという名のハーブティーがありますが、これはリラックス効果があり、よく眠れる、といった効能があります。なので、寝付けない、といった時に飲むのを勧めます。とはいえハーブティーというのは先にも述べましたが美味しく飲むことのできる薬と同じです。カモミールティーに関しては、妊婦さんが飲むのは「いけません」です。そのほかのハーブについても飲用してはいけない人、もしくは時期などがありますから摂取する前に充分に安全を確認して飲むことをお勧めします。

貴女は美容をする方法には身体の中から行う美容のアプローチというのがあります。ご存知の栄養のビタミンの中でCがありますね。ビタミンC配合のローションや美容液が売られていますが、ビタミンCというのはコラーゲンをつくるのに必要です。そういうわけで外から肌に取り込むのでも効果を期待できますが、サプリメントやドリンク等で体の内側からも補給することで、肌あれを回復させたり水分補給の多くの効果が期待できます。ふつうは食べ物だけから取り入れるのはそれほど期待できないのでビタミンCならサプリメントを積極的に利用すると良いでしょう。

太陽が眩しい季節には日焼け止めや虫よけなど、いろいろとお肌に塗ると思いますが決して肌につけるとトラブルになるものなんてのがあります。何を隠そう、それはレモンをはじめとしたフルーツ果汁です。意外ですね。なぜかというとレモンなどの柑橘系の成分はお肌に付いたまま日光を浴びると、火傷に似た植物性光線皮膚炎と言う症状がでてしまいます。そういう訳で紫外線の強い夏に一見良さそうに見えるから柑橘系の搾りたて果汁を塗るなんて心惹かれるものがありますが、体のためには絶対にやめておきましょう。反対に肌荒れの原因になります。

自分の毛は乾かす方法によって髪の毛へのダメージをコントロールすることができます。髪の毛にドライヤーを使用して乾かす方が大半だと考えられますが温風だけを当てるよりも、温風⇒冷風⇒温風⇒冷風と言ったように交互に使うことで熱が頭髪に与える負担を弱めることが可能です。加えてドライヤーと頭髪の間は10センチ以上の距離が保たれるようにすると風を全体に当てることができて効率よく乾かせます。前髪からスタートしたら、その後は頭のてっぺん⇒左右の耳周り⇒後ろ髪といった風に乾かすという順番が一番良いです。まずは前髪を乾燥させる事で毛におかしなクセ付きを抑えることができます。

昔からダイエットといえば減食をしても、何故かダイエットする前より体重が増えて「はあー」っとため息ばかりの人に、な、な、なんと寝転がってできるダイエットというのを初公開をします。寝転がったままでできるダイエットをするにはまずは片方の足を上に持ち上げて、足の親指と人差し指をさすり合わせる。そうしたらこの動作を数十回。こういう運動をして疲労が出てくるから次にもう一方の足に変更して同じ行動をします。この動きを交代に10分やってみると薄く汗が出てくるほどのすごい運動の量になります。体内全体の新陳代謝が良くなり、下腹部の引き締めにも作用があります。

やる気を失ったような顔色の際に効く四白(しはく)と言われるツボが、黒目から指一本分くらい下の方面に存在します。ツボが存在する場所は人それぞれなので何かの刺激を得たらそこがツボなのです。ざっくりで十分です。指の腹を使って三秒から五秒程度じっくりとした感じで押し付けます。力を込めては丹念に離す。好きな回数続けて行います。顔の表面が温くなり、皮膚の生まれ変わり誘導するので美白に対しても効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。